【仮想通貨海外取引所】Liqui(リクイ)の登録口座開設、二段階認証、注意点について

Liqui(リクイ)とは

Liqui(リクイ)とはウクライナに本社を置く取引所です。

海外で小さな取引所なので
不安な面もありますが

10倍銘柄以上の大きなリターンを得るには
登録しておくべき取引所となっています。

理由としては

  • ICOをを終えた通貨をいち早く上場させるケースが多い
  • マイナー通貨が豊富

という点ですね。

大きくリターンを狙っていくのなら登録しておきましょう。

Liqui(リクイ)登録方法

Liqui(リクイ)の登録には
免許証やパスポートの提出は不要となっています。

用意するものは
メールアドレスと二段階認証アプリとなりますので
手軽にサクッと登録かのうです。

Liqui(リクイ)の登録

上記リンクから
Liquiの登録画面へ飛びます。

ログインすると上記画面になるので
右上のSign in / Upをクリックします。

ログイン画面が出てくるので
新規アカウント作成の一番下のSign in / Upをクリックします。

①好きなアカウント名を入力する
②登録したいアドレス
③パスワードを決めて入力する
④確認の為パスワードを再入力する

[aside type=”normal”]パスワード生成サイト

パスワード生成サイトであれば強力なパスワードを自動生成してくれるので
おすすめです。最強で40文字で設定すると強度を高められるのでなるべく複雑なものにしておきましょう。[/aside]

上記のように「Check your mail box」と表示されたら
登録したアドレス宛にメールが届きますので
記載されているURLにアクセスします。

上記画像の状態になれば登録完了となります。

二段階認証の設定

取引所開設時に必ず行う二段階認証。

Liquiにも二段階認証の設定が可能なので
すぐに設定しておきましょう。

上部メニューのplofileを選択します。

次にAccount Securityを選択します。

Turn Onを選択します。

①QRコードをスキャン
②64-Digit Keyが表示されているのでコピーして自分の管理している方法で保存しておく
③Print a backupを選択するとORコードを紙媒体で印刷できます。
④I have my 64 digit Keyを選択します。

上記の流れを踏むと

上記画像となるので

アプリ認証の番号を入力して
Enable 2faを選択すると二段階認証完了となります。

Liqui(リクイ)の注意点

Liqui(リクイ)は
登録もサクッとできて売買銘柄を狙える取引所で魅力はありますが

海外の小規模取引所である故に

  • ある日突然閉鎖
  • ハッキング被害

このようなリスクがあるとおもっています。

なので

取引所に大きい資産は置いておかないことを推奨します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング