仮想通貨国内取引所の補償内容まとめ。【コインチェック・ザイフ・ビットフライヤー・ビットバンク】

コインチェックでの
大規模なハッキング事件をきっかけに

自分が保有している通貨の保管方法の見直し、
取引所の保管方法や保証内容について

真剣に考え始めた人が多いとおもいます。

自分もその辺りの認識が
甘かった部分は否めないので

改めて取引所ごとにまとめてみました。

coincheck(コインチェック)

 補償  有
最大補償金額  最大100万円
 補償条件  二段階認証を設定しておくこと
ウォレット コールドウォレット
マルチシグ

騒動の渦中にあるコインチェック。

補償そのものはありますが
対象条件としては二段階認証を設定しておくことが必須です。

コインチェックの二段階認証については
下記記事をご覧ください。

[kanren postid=”495″]

最大補償金額は100万円となっていますが
内容としては個人の盗難被害等の場合です。

取引所そのものが倒産した場合等は
補償されないとおもいます。

保管方法はコールドウォレットで保管していると
ホームページに明記されていましたが

全ての通貨をコールドウォレットで保管していたわけでは
ないようです。

会見では
「ビットコインはコールドウォレットで保管している」と発言していましたが
他のどの通貨をコールドウォレットで保管しているかは
明言されませんでした。

今回の大規模ハッキングの被害対象となったネム(XEM)に関しては
マルチシグには対応していなかったのは間違いないようです。

コインチェックでは全ての通貨が
コールドウォレットで保管されているという認識は
持たないようにしましょう。

Zaif(ザイフ)

  補償  無
最大補償金額
 補償条件  –
 ウォレット  コールドウォレット
 マルチシグ  〇

Zaifは補償に関しては
現時点では一切ありません。

盗難被害にあった場合等は
全て返ってきませんね。。

取引所の通貨保管方法としては
コールドウォレット、マルチシグ共に対応済です。

これに関しては安心材料ですね。

しかしマルチシグに関しては
全ての通貨に対応しているかは不透明です。

どこまでの通貨に対応しているかは
明記されていないので

完全に信用するのは禁物です。

ビットフライヤー

  補償  有
最大補償金額 500万円
 補償条件  二段階認証、100前円以下の預入の場合は最大10万円
ウォレット
マルチシグ  〇

ビットフライヤーの補償金額は
最大で500万円まで補償されます。

但し、
預入金額が100万円に満たない場合は
最大補償金額が10万円となるのでそこは注意しておきましょう。

マルチシグには対応済です。

ビットバンク

補償  無
最大補償金額  –
補償条件  –
ウォレット  コールドウォレット
マルチシグ  〇

ビットバンクは補償はありません。

しかし
資産を預ける上で知っておきた
どのようにしてウォレット保管しているか、
マルチシグ対応している通貨等を詳細に解説してくれています。

どの通貨をコールドウォレットで保管してるのか
一目瞭然ですね(^^)

マルチシグに関しても詳細を明記してくれています。

リップルとイーサリアムに関しては
マルチシグ非対応ですが

システム的な理由があったです。
下記公式Twitterアカウントにて
詳細が記載されているので参考にしてください。

これはコインチェックでのハッキング事件をきっかけに
ビットバンクが打ち出してきたものですが

非常にいい発信だとおもいます。

コインチェックハッキング事件をきっかけに
かなりの仮想通貨コイナーが
取引所に対して不安感を募っているときですから

こういった風に
細かい情報を利用者に開示するのは
とても親切ですね!

現状は
大まかな管理状況を開示する取引所はありますが
ここまで細かく提示してくれている取引所は
ビットバンクだけなので
非常に好印象です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング