取引所倒産にセルフゴックス!仮想通貨のあらゆるリスクを理解しておこう

仮想通貨には様々なリスクがあります。

相場が激しいので急激な暴落により資産が食われるリスクは勿論ですが、
それ以外にも知っておくべきリスクがありますのでご紹介したいとおもいます。

取引所倒産のリスク

いつも通貨を購入したり、売ったりさせてもらっているお世話になっている取引所。
通貨の売買を行う上では欠かせない存在ですが

「大事な資産、預けっぱなしにしていませんか?」

取引所はいつ倒産やハッキング被害にあうかわかりません。

それはある日突然やってきます。

先日コインチェックで起きた盗難事件も寝耳に水状態でした。

あのときにように盗難事件はいつやってくるかわかりません。

今回のハッキング事件でコインチェックが倒産するようなことは発表されていませんが
マウントゴックスのケースだと多額のビットコインを盗難された影響でそのまま倒産。

顧客が預入れていた資産は全て返却されない結果となりました。

この事件をきっかけにマウントゴックスの名称にちなんで
資産が消失することをゴックスと呼ぶようになりました。

取引所が盗難被害にあった場合や倒産した際は
顧客に資産を返還する義務は基本的にありません。

完全に目を通している人は少ないかと思いますが
各取引の規約にも明記されていることです。

取引所を利用するときはここのリスクを理解した上でうまく利用していきましょう。

セルフゴックスのリスク

セルフゴックスとは
自身で資産を消失させてしまうことを意味します。
[aside type=”normal”]

  • セルフ(自分自身で)
  • ゴックス(消失)

[/aside]
と単純に掛け合わせたものですね。

そもそもゴックスとうワードそのものは仮想通貨界隈で勝手に作り出された造語ですが(笑)

自分で資産を消失させるとはどういった場合に起こるのでしょうか。

  • 通貨の送金ミス
  • ハードウェアウォレットの秘密鍵の紛失

先述した取引所の倒産や盗難被害がなくても、
自身で上記のような不手際を起こしてしまうと資産を失う可能性が高まります。

通貨の送金ミス

仮想通貨はコインを移動させる場面が多々あります。

  • 取引所から取引所
  • 取引所からハードウェアウォレット
  • 取引所から第三者アドレスへの送金

基本的にコインを移動させる際は送金先アドレスを入力して
送金する流れとなります。

取引所から取引所への送金は下記記事を参考にしてみてください。

[kanren postid=”1113″]

厄介なことに送金先アドレスを間違えると送金資金が行方不明となり、
消失してしまう可能性があります。

送金先をミスると終了。

この界隈での常識は個人的にも仮想通貨をやる上で納得いっていないルールです。

送金ミスると資産消失とかヤクザ使用すぎます。

送金先アドレスを間違えなければいい話なんですが
あくまで人間がする作業です。
間違いをしない可能性は少なからずあります。
アドレス入力は必ずコピペで行ってください)

現状日本での送金は日本紙幣を銀行から他の銀行へ送金するのが
一般的ですが送金先を間違えたからといって送った資金が消失してしまうということはありませんよね?

そもそも存在しない送金先口座には送金できませんが
仮想通貨ではとりあえず送金できてしまします。

仮想通貨で送金するときは日本の銀行間送金をするときを同じような
意識で行うのではなく、ミスると送金資金が消失してしまうかもしれないという意識をもって
行うようにしましょう。

ハードウェアウォレットの秘密鍵の紛失

マイイーサウォレットやトレザー、レジャーナノS等の
ハードウェアウォレットに自身の資産を保管している人も多いとおもいます。

ハードウェアウォレットで資産を管理するのは取引所に預けっぱなしにしているよりも
セキュリティ面では安全かとおもいます。

ハードウェアウォレットへ保管した資産を引き出すには
秘密鍵というものが必要になります。

ハードウェアウォレットそのものを紛失、故障しても秘密鍵さえあれば
大丈夫です。

しかしこの秘密鍵を紛失してしまうとゴックスの可能性が高まります。

秘密鍵の管理は一つの場所に保存しておくのではなく分散保管しておくようにしましょう。
[box class=”glay_box” title=”分散先”]

  • パソコンローカル
  • ハードディスク
  • USB
  • 紙に印刷

[/box]

上記4つほどに分散しておくと一つの媒体に不具合がおきても
簡単にリカバリー可能です。

まとめ

仮想通貨をやっていて個人的に煩わしいと感じるのは
資産管理がとにかく面倒だということですね。

仮想の盗難事件が絶えないせいで資産管理にシビアにならざるをえません。

少額でやっている人は取引所に預けておくだけで問題ないかとおもいますが
資産額が多くなってくると色々と手間をかけて資産を守る必要があります。

ある程度資産が増えてきた人はハードウェアウォレットで分散保管しておくことを
おすすめします。

イーサリアムを保管するならイーサウォレットがオススメです。
登録方法は下記記事を参考にしてみてください。

[kanren postid=”969″]

ビットコインやビットコインキャッシュ、リップルを保管するならレジャーナノSがおすすめです。
現在品薄ですがはやく手に入れることができるショップについてまとめている記事があるので参考にしてみてください。

[kanren postid=”1234″]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング